日本刺繍・加賀繍

スポンサーリンク
作品集

日本刺繍・加賀繍の作品集①貝桶にヱ霞・花筏・薔薇と蝶・金駒

日本刺繍、加賀繍に取り組んできましたが、完成した作品をまとめてみました。 4作品ありますが、その時々に取り組んでいたときの意気込みが蘇ってきます。 とにかく、もっともっと沢山の作品を作りたくて刺繍熱が高まっていた頃でした。 ...
作品

「牡丹と蝶の花丸紋」の加賀繍・名古屋帯の腹部分の「下絵」が完成!

名古屋帯のお太鼓部分が終り、腹部分に取り掛かろうとしている作品が2つあります。 牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍 と 加賀友禅「鶴の恩返し」に加賀繍のあしらい です。 腹部分の「下絵」を考えている段階ですが、「鶴の恩返し」はシン...
作品

牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍・日本刺繍の「下絵・草稿・骨書」「図案」

名古屋帯のお太鼓部分が終り、腹部分に取り掛かろうとしている作品が2つあります。 牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍 と 加賀友禅「鶴の恩返し」に加賀繍のあしらい です。 腹部分の下絵・図案を自分で考えなくてはいけないのですが、これ...
作品

加賀友禅の塩瀬名古屋帯に加賀繍のあしらい「鶴の恩返し」お太鼓部分

加賀友禅の重鎮作家先生の名古屋帯「鶴の恩返し」に加賀繍であしらいを施しています。 加賀友禅は刺繍や箔使いがされていないイメージが強いのですが、木村雨山先生の時代の加賀友禅作品には現代の加賀友禅作品よりも自由な作品を見ることができると思...
作品

牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍②駒塩瀬名古屋帯のお太鼓部分の完成!

牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍です。 駒塩瀬名古屋帯のお太鼓部分の加賀繍が完成しました! お気に入りポイントは ・「虫喰い」「わくらば」・・・加賀友禅の技法を取り入れている。 ・牡丹の花の暈し具合・・・繊細な色味の...
日本刺繍・加賀繍

必見の金沢工芸・小窓コレクション!意外と知らない北陸新幹線の待合室!!

2015年3月14日に北陸新幹線が開通して3年が経とうとしています。 2018年の冬の北陸地方では、積雪量が例年の5倍~7倍に達し記録的な大雪が続いています。(除雪が大変です) 大雪のため在来線が運休し交通の乱れが続いている中、...
作品

貝桶文様にヱ霞の総手刺繍・駒塩瀬地名古屋帯② 文様・技法などを振り返ってみました!

懐かしい貝桶文様にヱ霞の総手刺繍ですが、文様の意味や技法をふまえて、もう一度、振り返ってみたいと思います。 貝桶文様にヱ霞文様 貝桶文様は何度見ても「いいな~」と思う文様の1つですね。 器物文様の1つです。...
日本刺繍・加賀繍

日本刺繍の歴史①「刺繍」の意味ってなに?「天寿国曼荼羅繍帳」~「繍仏」

染織技法の中でも非常に古い歴史を持つのが刺繍です。 日本における刺繍の歴史を簡単にまとめてみました。 日本刺繍の歴史 ・「刺繍」の表す意味 ・日本最古の刺繍「天寿国曼荼羅繍帳」 ・追善の工芸としての「繍...
作品

金駒平埋めの裏面は、なかなか綺麗

金駒平埋めでロゴマークを繍ました。 完成まではの進み方を見てみようと思います。 外枠から内に向かって進んでいきます。 続きを説明していきます。 金駒平埋めの進み方 図柄はハート+αのロゴマークなので、まずはハー...
作品

牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍①駒塩瀬名古屋帯のお太鼓部分の途中経過!

牡丹と蝶の花丸紋の加賀繍の駒塩瀬名古屋帯を作ります。 途中経過ですが、加賀繍の流れをまとめてみました。 牡丹と蝶の花丸紋では、牡丹の花びらの「刺し繍」を集中的に勉強します。 大ぶりの牡丹の花が3つあるので、結構な仕...
作品

初めての加賀繍は花筏

初めての加賀繍は花筏でした。 花筏の作品の説明 筏・組紐・桜・紅葉・青楓・松葉・松竹梅瑞雲が描かれています。 使用した技法は 縫い切り(経・斜・緯・成)・割り繍・刺し繍・輪な付け・疋田掛け・網代掛け・駒取り繍 ...
日本刺繍・加賀繍

加賀繍の歴史・特徴・工程

経済産業大臣指定の伝統的工芸品には、石川県の加賀繍・京都府の京繍、東京都の伝統工芸の江戸刺繍があります。 日本刺繍の中でも生産地によって呼び名が変わり、加賀(金沢)では加賀繍・京都では京繍、江戸(東京)では江戸刺繍と呼ばれてい...
作品

貝桶文様にヱ霞の総手刺繍・駒塩瀬地名古屋帯①

貝桶文様にヱ霞の総手刺繍 駒塩瀬地名古屋帯 貝桶文様にヱ霞が完成しました。 貝桶文様にヱ霞 ヱ霞のあしらいはオリジナルです。このヱ霞、結構な仕事量です。 ひたすら菅繍を繍う毎日、制作途中に父に見てもらい「この上にまだ...
日本刺繍・加賀繍

加賀友禅に加賀繍のあしらいが復活?!

加賀友禅に加賀繍のあしらいが復活しているようです。 加賀友禅には刺繍や箔などの装飾をしてはいけない! 刺繍や箔などの装飾をしていないものが加賀友禅である! と思っていましたが、(そのように思っている方は多い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました