着物クリーニングのお店選び 3タイプ呉服店 着物専門店 宅配洋服店を比較

スポンサーリンク
着物のクリーニング 洗い張りの様子

少し前までは、着物のクリーニングといえば着物を購入したお店に相談するか、悉皆屋に直接持ち込むかの方法がほとんどだったと思います。

最近では、ネットでの着物専門のクリーニング店が何店舗もありますが、洋服のクリーニング店でも着物のクリーニングを行っていることに少し驚いていました。

今回は、着物専門店(悉皆屋)の意見を参考に、3つのタイプの違う着物クリーニングを比較してみました。

呉服店、対面での着物クリーニング

メリット

着物のクリーニングやお手入れといえば、まず、着物を購入した呉服店へ相談するのが一般的な流れだと思います。

何度かお付き合いがあることから、すぐに言いやすい状況があり、ついつい後回しにするということもなくなると思います。

また、日数的に急な依頼などの場合でも、無理な要望を聞き入れてくれる可能性が高いです。

自宅まで着物を取りに来てくれたり、仕上がり後には持ってきてくれたりのサービスもあるので忙しい方にも便利な存在だとおもいます。

いざという時の呉服屋が身近にあるということは、予期せぬ急な場合の安心材料になります。

安心感を重視したい場合は、第1選択におすすめします。

デメリット

呉服店は着物を取り扱っているので、着物のメンテナンスについての相談にも応じてくれます。

しかし、着物の専門家であっても、着物の染み抜きや汗抜き、用途に応じた丸洗いについては専門家ではありません。

大概の呉服店では、引き受けた着物のクリーニングはそのお店が取引している下請けの業者に依頼していることになります。

どのような下請け業者なのかも分かりませんし、呉服店から下請け業者に依頼をするということは仲介料が発生することにもなり、当然料金が高くなります。

また、間に人を挟むということは自分の意見が正確に伝わらないことも多く、クリーニングの仕上がりに満足いかない結果となり、再度クリーニングを追加するなどの2度手間になることにもつながります。

以前、着物の帯枕があたる部分についた染め移りを取ってほしいと依頼したことがあります。

「京都に出すから大丈夫ですよ」といわれ、安心していたのですが余り綺麗にならず、なおかつかなり費用を請求されて驚きましたが、その後、別のお付き合いが始まった呉服店でお願いし綺麗になりました。

このような経験からも、呉服店がどのような着物クリーニング専門店(悉皆屋)と取引をしているかは重要になってきます。

しかし、利用している呉服店がどのような着物クリーニング専門店(悉皆屋)と取引をしているかまでは、分からないことがほとんどだと思うので、何度か試してみなくてはなりません。

ネット着物専門店(悉皆屋)での着物クリーニング

メリット

呉服店との付き合いが少なく、近くにある呉服店を探すよりもネットで探した方が気軽だと感じる方には利用しやすいのが、ネットでの着物専門(悉皆屋)の着物クリーニングだと思います。

時間がなく忙しい方にも、自分のタイミングで取引できるのが良いですね。

「ネットのお店に大切な着物をクリーニングに出すなんて怖い」と感じると思いますが、ネットのお店の中には実店舗があるお店もありますし、個人的には呉服店よりも対応が迅速で丁寧な印象があります。

ネット(メール)での対応になりますが、直接要望を伝えることが出来き、対面では聞きにくいことなども遠慮せずに聞くことが出来る点や仲介料がかからないことはネットならではの良さだと思います。

着物専門店なので、着物の生地の状態を見極めて綺麗に、また色の補正が必要な場合も行ってもらえるところがよいです。

トラブルの保障が付いている点もネットの着物専門店の強みだと思います。

デメリット

やはり、着物専門店であってもネットのお店に大切な着物をクリーニングに出すのにためらいが出る場合もあると思います。

私も着物のクリーニングに関しては、まだためらいの気持ちが残っているので未経験です。

でも、きものサロン編集長のおすすめのように、ネットでのクリーニングの実際を紹介されていたのをみて以前よりも抵抗感が無くなったように思います。

送料について確認することもお忘れなく。

宅配洋服クリーニング

メリット

着物に関して相談や調べることが出来ない場合は、一番身近な存在かもしれません。

漂白作業の技術に関しては、洋服のクリーニング店の方が技術が高いとも言われています。

中には着物丸洗い専門店よりも落とすのに高い技術が必要な茶色じみや黄ばみを落とせる洋服クリーニング店もあるようです。

 

私自身は、洋服クリーニングを利用しようとは思いませんが、洋服クリーニング店の中に着物専門部門もあるクリーニング店もあるようです。

それでも、着物を洋服クリーニング店に出すことは無いと思いますが、料金によっては洗える着物なら、試してみてもいいかな?という感じです。

デメリット

洋服のクリーニング店は、洋服のクリーニングが専門です。

お店手使っている有機溶剤や洗濯機も着物専用のものではありません。

着物と洋服ではクリーニングの方法が違うのですが、着物クリーニングについてはあまり詳しくないお店が多いです。

着物の生地の状態を見極めずに洋服のクリーニングと同じ方法で扱ってしまい、生地自体にダメージを与えたりする事故も起こっているようです。

洋服クリーニング店の中に着物専門部門がある場合は別として、洋服クリーニング店に着物クリーニング店を依頼するのは、慎重に考えた方がいいと思います。

まとめ

呉服店、対面での着物クリーニング

  • 安心、急な依頼にも対応してくれる。
  • 下請け業者の仲介のため意見が通りにくいこともあり、料金もかかる。

ネット着物専門店(悉皆屋)での着物クリーニング

  • 自分のタイミングで依頼でき、直接要望を伝えることが出来る。
  • ネット利用の抵抗感がある。

宅配洋服クリーニング

  • 漂白作業の技術が高いといわれている。
  • 着物のトラブルが起こりやすい。

料金や品質、安心のバランス、使いやすさなど自分の希望にあったお店を選んで、賢く利用しましょう。

 

この記事を読んだ方は、次にこちらの記事も読まれています。

着物クリーニング 値段の相場はいくら 安い良いおすすめのお店選び  
大切な着物を綺麗な状態で長く着るためには、着物のクリーニングなどのメンテナンスが欠かせません。着物のクリーニングは1枚でありませんし、長く必要なメンテナンスです。最近ではネットでの悉皆屋も対応が良いので、信頼できそうなお店を探してためしています。今回は、着物クリーニングの値段の相場や、ネットでの信頼できそうなお店、悉皆屋についてまとめてみました。
着物クリーニングの頻度や時期 効率よく着物を綺麗に保つ方法 
着物を何回着たらクリーニング、丸洗いに出せばいいのか悩むこともあると思います。個人の体質や使い方など、個人差があると思いますが大体の目安が分かっていると安心できますね。そこで、着物の種類別や汚れに種類別での頻度や時期についての、着物愛好家や専門店の意見や私自身の意見をまとめてきました。
タイトルとURLをコピーしました