武村小平の型染、道明の帯締め、日本伝統工芸展の石川展、富山展情報

2019年6月・着物イベント情報・追記あり

6月の着物イベント情報をお知らせします。

武村小平さんの型染展が開催されます。

場所は金沢のひがし茶屋街近くの高木糀商店です。

同期間に有職組紐「道明」展も開催されています。

日本伝統工芸展の富山展、金沢展と目白押しの6月です。

武村小平さんの型染展のお知らせ

スポンサーリンク

追記・武村小平さんの型染展

場所 金沢のひがし茶屋街近くの高木糀商店

期間 6月22日(土)~27日(木)

時間 10時~19時

武村小平 染織作家

1980年 大阪府生まれ
2003年 金沢美術工芸大学卒業
2005年 同大学 大学院修了
2005年 石川県志賀町立熊野工芸工房(染色指導員)
2008年 (株)栗山公房
2013年~信楽に工房を持ち製作

入選・賞歴
2010年 新匠工芸会展 奨励賞受賞
2011年 日本伝統工芸染織展 入選

デザイン、型彫り、染めすべてお一人で制作されています。

武村小平さんの型染の作品は、2013年9月30日に同じく高木糀商店で開催されていた展示会で初めて拝見しました。

最近、ネットサーフィン中に目に留まる型染めの帯があり、作者を調べたところ武村小平さんの作品だったのですが、ちょうどタイミングが重なり展示会のご案内が届きました。

追記・有職組紐「道明」展

有職組紐「道明」展の案内はがき

御岳組 コンテンポラリー

会期 6月22日(土)~27日(木)10時~19時

会場 高木糀商店

高木糀店

創業180年、歴史ある糀屋さんで昔ながらの製法で麹・味噌・甘酒などを手仕事にて製造されています。
店舗が金沢の指定保存建造物になっていて、建物の一部をギャラリーとして様々な作家、店舗の作品の展示をされています。

「道明」の組紐展は今年で4回目になるようです。

お気に入りの帯にぴったりと合う帯締めを探しに行きましょう~

「道明」の帯締めに関する記事も合わせてご覧ください。

画竜点睛!失敗しない帯締め選び・有職組紐「道明」の帯締め

第58回日本伝統工芸展・富山展(令和元年)

会期 5月24日(金)~6月9日(日)

会場 高岡市美術館

富山展の特徴として、地元作家作品以外にも無形文化財保持者の作品展示に力を注がれており、数多く展示されています。

無形文化財保持者のハイレベルな作品を地方で見ることのできる数少ない機会になります。

日本伝統工芸会・富山展

第60回日本伝統工芸展・石川展(令和元年)

会期 5月29日(水)~6月3日(月)

会場 めいてつ・エムザ 8階催事場

今年の刺繍の入選作品を観るのが楽しみです。

列品解説が行われます。

染織の先生の解説は、5月31日(金)11時30分からの坂口幸市先生と、6月2日(日)15時30分からの二塚長生先生の2回になります。

解説を聞くと作品の見方の参考になり、観る事が楽しくなるのでお勧めです。

金沢百万石まつりと重なり混雑が予想されますが、百万石まつりと工芸展の両方を楽しむ良い機会かもしれません。

日本伝統工芸会・金沢展

第68回・金沢百万石まつり

期間 5月31(金)~6月2日(日)

金沢百万石まつり

スポンサーリンク