夏の長襦袢の楽しみ方。素材選び・仕立方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
夏の長襦袢、水色の仕立上がりの長襦袢と小千谷の本麻の長襦袢の反物

夏の着物を気持ちよく着るために、肌襦袢は大切な役割をしています。

真夏の外出では汗対策がつきものです。

汗をかいても快適に涼しく過ごせるように、長襦袢の素材選びや仕立方を工夫し、涼感を誘う長襦袢で快適な夏きものを楽しみましょう。

 

夏の着物の透け感を活かした長襦袢選びも、夏の着物ならではの楽しみになります。

夏の長襦袢、水色の仕立上がりの長襦袢と小千谷の本麻の長襦袢の反物

夏の長襦袢の代表的な素材

絹の紗や絽

絹素材は肌触りや滑りが良いですが、汗をかくことを前提とした夏の季節にはあまりお勧めできない素材のように感じています。

また絹は汗によって肌に張り付いてしまい涼しさを求めのは難しい素材です。

1日で汗でびっしょりになってしまうこともありますが、基本的に家庭では洗えないのもマイナスポイントです。

洗える絹

通常の絹素材と同じように肌触りや滑りが良いといわれています。

最近では、家庭で洗える絹素材の長襦袢も販売されていて、薄手でしなやかですが適度にこしがあり強度もあるようです。

強度があるため、居敷当ても必要なく仕立てられるのが特徴のようです。

また、洗濯ネットに入れて中性洗剤で洗濯器あらいができます。

 

【 浅見 長襦袢 王上布 白無地 】 洗える長襦袢 夏用 正絹 洗える絹の長襦袢 長襦袢 反物 洗える 長襦袢 夏用 単衣用 長じゅばん 洗える 女性用 レディース 【送料無料】

浅見の王上布は、絹ですが縮むことがなく家庭で洗える長襦袢地です。

お勧めされることが多く、人気がある洗える絹の長襦袢です。

たれ物のお着物に合わせたいのが、浅見の王上布です。

絹紅梅

絹紅梅とは絹と木綿の混紡の素材です。

絹紅梅の中でも微塵絹紅梅は洗うことを前提に作られた長襦袢地になります。

従来の絹紅梅は織の目がおおきいものでしたが、微塵絹紅梅は間近で見ないと分からないくらい細かい折り目が特徴です。

微塵絹紅梅は折り目が細かいことから、とても丈夫で風合いが良いことがお勧めポイントです。

張りこしが強いので木綿や紬の着物に活用できます。

昔から夏の定番の長襦袢は、清潔感のある白地の麻の長襦袢でした。

肌に生地が張り付かず、さらりとした感触が魅力です。

涼しく家庭で洗えるのが嬉しいポイントで、着物愛好家に好まれる理由のひとつです。

皺になりやすいことや、人によっては肌に負担がかかることがマイナスポイントです。

 

薄手で100番手と言われていますが、より涼しさを求める場合は、細い麻糸で織られた120番手の長襦袢がお勧めです。

糸の細さを「番手」で表していますが、120番手よりも更に細い麻糸で織られた140番手の長襦袢もあるようです。

糸の細いものは、価格もかなり高い設定になっています。

120番手で10万円ほどなので140番手はそれ以上です。

しなやかで肌触りもよく、絹にも劣らない又はそれ以上の着心地といわれています。

 

白地のまま活用する以外では、好みの色目に染めてもらい薄物以外にも単衣の着物にも活用することが出来ます。

夏単衣の季節から薄物、秋単衣と活用期間が長いことが嬉しいポイントです。

 

涼しさを求める場合は、麻素材の長襦袢をお勧めします。

「とにかく涼しい」と人気が高まる麻素材の長襦袢ですが、最近では5月頃から麻素材の長襦袢を活用する人も増えてきています。

 

「夏単衣の前期だけど猛暑で薄物を着たい」という時に、濃い茶や濃いグレー、黒などの濃い色目に染めた麻素材の長襦袢を活用するという方もいます。

主張しない濃い色使いという点がとても良いアイデアだと思うので、薄物の着物好きな私も、薄物の着物を大いに活用できるように取り入れてみたいと思っています。

 

現在は、5月末から夏単衣、秋単衣には水色の麻素材の長襦袢を、7・8月の単衣の季節には白色の麻素材の長襦袢を活用しています。

 

【吉新織物謹製】生地しなやか極細麻糸小千谷本麻上布襦袢-No3611白色・110番手×110番手・平生地(麻素材・38センチ×10メートル・未仕立て・襦袢反物)【日本製品・送料無料】【キモノ仙臺屋このみ長襦袢】

120番手や140番手はなかなか見つけられないけど、110番手はネットショップで購入できます。

残念ながらすでに売り切れです。

来年のお楽しみです。

小千谷「麻」夏襦袢・広幅平生地・無地(七色展開)小千谷-和光・あさじゅばん(巾40センチ・長さ12m・素材−本麻)(未仕立て・襦袢反物)男女兼用・巾広No.601〜No.607【日本製品・送料無料】【キモノ仙臺屋このみ長襦袢】

黒の麻襦袢があると便利そうなので「欲しいな~」 と思っていますが、早い時期から売り切れになっています。

来年は早めにチェックしなくちゃ。

藤色や薄藍、薄グリーンも綺麗な色目です。

麻とポリエステルの混紡

麻とポリエステルの混紡の長襦袢は麻100%の長襦袢よりも求めやすいのがお勧めポイントです。

麻100%の長襦袢と比べ、皺になりにくいのも嬉しいポイントです。

竹繊維とポリエステルの混紡

竹素材といえば東レの「爽竹」です。

夏を代表する素材のひとつといってもよいほど愛用者が多いようです。

柔らかくて肌触りが良く、シワになりにくく、吸水性に優れ、家庭で洗濯機で洗えて乾きやすいことが特徴です。

 

東レ 爽竹 長襦袢 S M L LL プレタ 単衣袖 半衿付き 夏用 白 仕立て上がり 日本製 ソフトな着心地 ハイクラス

爽竹の特徴は、吸放湿性が高く蒸れにくい、優れた抗菌や防臭性、ソフトな風合いです。

海島綿

海島綿は最高級の木綿として知られています。

海島綿の原産は中南米で、綿毛が一般的なものよりも長く、強さとしなやかさ、光沢の美しさが特徴で、綿花の中で最もすぐれていることから世界的に有名な綿です。。

肌触りや吸水性に優れていて、家庭での洗濯ができるのが、お勧めポイントです。

 

夏物長襦袢の定番・千總海島綿長襦袢反物/シーアイランドコットン

綿の長襦袢の中でも最高の品質で有名なのが、京友禅の老舗「千總」の海島綿の長襦袢です。

 

仙台屋本店では、もうすでに売り切れになっていました。

ただ今最安値は、「呉服のきくや」さんでした。

ポリエステル

ポリエステル地は気軽に洗えいつでも気持ちよく装えるのがお勧めポイントです。

半襟もポリエステルの場合は、付け替えることもなくそのままネットに入れて洗濯機で洗うことが出来ます。

汗によって肌に張り付いてしまうことがマイナスポイントです。

長襦袢の形

長襦袢の形には大きく分けて、一部式と二部式があります。

江戸時代からの長襦袢の歴史に関係しているようですが、初めは二部式の上部のような半襦袢から始まったといわれています。

武家や商家の女性たちは襦袢として半襦袢と裾除けを活用していました。

もう一方で当時のファッションリダーであった遊女たちは長襦袢を着ていました。

重要性を用いる二部式と優雅さを求める一部式の長襦袢が引き継がれています。

一部式

現在の主流であるのが一部式の長襦袢です。

関西仕立と関東仕立がありますが、関西仕立が主流になっています。

関西仕立と関東仕立の大きな違いは、衿先の有無です。

関西仕立が主流になった理由として、戦後、女性の体の発育が良くなったため、胴部分の抱き幅を広くして体を包み込みやすくした仕立方の方が着やすいためといわれています。

二部式

半襦袢と裾除けに分かれた襦袢を二部式といいます。

最近では、人間の体の上半身と下半身の動きの構造の違いから二部式の長襦袢が更に開発されています。

上半身の動きに添ってくれるので、着くずれの防止効果が期待できます。

着付け中や着付け後に衣紋が詰まってきたなと感じた時は、簡単に効果的に直すことができる点が嬉しいです。

 

私も絽の正絹の長襦袢を持っていましたが、早急に夏きものを着たいと思った時に「とりあえずこれで」という気持ちで、二部式の麻素材の襦袢を購入しました。

 

一番良かった点は、身丈を自由に調整できるのでのプレタサイズのものでも大丈夫だったことです。

夏の着物は透け感が素敵なのですが、透けるがゆえに長襦袢の着丈寸があっているかが気になる部分です。

中の長襦袢が寸足らずのつんつるてん状態だと、お着物姿が素敵でも素敵さが半減してしまいます。

もうひとつは、夏の季節の着物の補正が悩みどころですが、二部式の場合お腹周りが2重になるので補正効果に加えて汗取り対策にも役立ちます。

 

マイナス点は二部式なので、着るのに時間がかかってしまうことです。

夏の長襦袢の楽しみ方

地色や友禅に鮮やかな色を使った長襦袢は、薄物の着物では透けて見えてしまいます。

この夏の長襦袢が透けて見えることを活かし、紗袷のように薄物の着物を楽しむことが出来ます。

なかなかハードルが高そうですが、夏ならではの透け感を活かした着物の装いを楽しみむのも楽しそうです。

 

私的には夏の長襦袢の寸法、特に身丈が十分かが着物の着こなしの美しさの重要ポイントと感じています。

呉服店でのお勧めされる夏の長襦袢

呉服店でお勧めされている長襦袢では、「120番手の麻」の長襦袢や洗える絹の「浅見の王上布」、「千總の海島綿」があげられます。

 

夏の長襦袢では「家庭で洗える」ことが重要ポイントで、加えて着心地なども考えると、やはり麻素材の長襦袢が第一候補に挙げられます。

120番手以上の細い糸を使用しているものは、絹にも劣らない滑らかだだといわれています。

たれ物、柔らか物の夏きものには「浅見の王上布」がよさそうです。

終りに

温暖化の影響などにより、着物にも体感温度を重視した着物選びがあたり前になってきました。

夏の襦袢にも様々な素材があるので、納得のいくお気に入りのひとつが見つかると良いですね。

 

夏の着物の汗対策に役立ちます。

夏の夏の着物の汗対策・肌襦袢の一番お勧め商品をご紹介!

夏の着物の汗対策・肌襦袢の一番お勧め商品をご紹介!
夏の着物の汗対策ですが、どのような工夫をされていますか? 夏の汗対策、補正に役立つ便利な着物肌着・インナー・肌襦袢・帯枕のご紹介! でも、いろいろな、お役立ち商品をご紹介しました。 今回はその中でも一番お勧めの「たかはしきもの工…

夏の着物の汗対策、補正に役立つ便利な着物肌着・インナー・肌襦袢・帯枕のご紹介!

夏の着物の汗対策、補正に役立つ便利な着物肌着・インナー・肌襦袢・帯枕のご紹介!
夏の季節は暑さやそれに伴う汗対策や汗ジミ対策などから、着物が好きな人でも敬遠される場合があるかもしれません。 また、「暑い夏の時期の補正ってどうしているのかな?」と思っている人もいるのではないでしょうか? 私は夏の着物が…
タイトルとURLをコピーしました