横浜SOGO 池田重子・横浜スタイル展と大久保信子・トークショー ①

横浜SOGO 池田重子・横浜スタイル展と大久保信子・トークショー ①

フォロー&シェアお待ちしています

引き継がれる美意識 池田重子 横浜スタイル展

昔きもの~現代KIMONO

「アンティークを平成流に着こなす三か条」

大久保信子(きものスタイリスト)

横浜SOGOへ行ってきました。

池田重子先生の展示会と大久保信子先生のトークショー

どちらも勉強になりました。

スポンサーリンク

池田重子 横浜スタイル展

池田重子先生が50歳過ぎから収集した、1万点のコレクションの中から90ものコーディネート作品が展示されていました。

前期、後期と分かれての展示で、こちらは後期展示品になります。

入ってすぐの展示スペースはお写真OK

左から「着道楽の幕の内」「四季花模様振袖」「手鞠に戯れる狗の三つ身」

池田重子先生と言えば刺繍作品

刺繍を重点的に観察します。

「着道楽の幕の内」

事腹部分もデザイン重視でたっぷりと刺繍されています。

ついつい帯締めの位置や擦れを気にしてデザインしてしまいますが、やはり、美しさを第一に考えた作品は目を惹きますね。

平糸部分にも帯締めが当たっていますが、擦れが気になることは無いように感じます。

着付け時に何か一工夫されているのでしょうか?

薄紙挟むとか???

「四季花模様振袖」

基本的には白半襟が好きですが、刺繍半襟は気になるお洒落アイテムです。

手持ちのお着物にコーディネートして、ほんのり薄い色味で豪華な柄付けの半襟を作ってみたいです。

半襟ばかりに目がいってしまわないように、お着物スタイル全体として上手にコーディネートできたら素敵❤

「横浜スタイル」

大胆にして繊細。粋に走りすぎず野暮にならず、ギリギリの線を見極める。

江戸の粋が加わった独特のスタイルを、「横浜スタイル」と呼んでいるそうです。

・大胆な色使い、見ていて楽しくなるモチーフ

・帯のお太鼓部分、腹部分の柄付けの面白さ

・八掛全面に刺繍を施し、六通?全通?刺繍袋帯

見えない部分にも惜しみなく、たっぷりの手刺繍!この太っ腹な感じが好き❤

私は自分の着物スタイルとして「地味派手」をテーマにしています。

アンティークが好きというわけではありませんが、この「横浜スタイル」は共感できる部分がとても多いと感じました。

また、池田重子先生の50歳過ぎてからのコレクションと聞き勇気をいただきました!

挫けずに頑張る!!!

大久保信子トークショー「アンティークを平成流に着こなす三か条」

「池田重子 横浜スタイル展」の期間中に、大久保信子先生のトークショーが開催されていました。 テーマは「アンティークを平成流に着...

同日、開催されていた草乃しずか展

松屋銀座開催 草乃しずか展 煌く絹糸の旋律に行ってきました。 草乃しずか展 石川県羽咋市生まれ、フランス刺繍の後に日本刺繍をされ...
スポンサーリンク

フォロー&シェアお待ちしています