松屋銀座 草乃しずか展 煌く絹糸の旋律

松屋銀座 草乃しずか展 煌く絹糸の旋律

フォロー&シェアお待ちしています

松屋銀座開催 草乃しずか展 煌く絹糸の旋律に行ってきました。

スポンサーリンク

草乃しずか展

石川県羽咋市生まれ、フランス刺繍の後に日本刺繍をされたようです。

日本刺繍の普及を生涯のテーマとされているようで、刺繍作品の制作や生活の中での刺繍の楽しみ方を紹介されています。

今回の展示会では、これまで創作してきた代表作に加え、新作約200点を展示されていました。

注目作品は「日本刺繍の技法」を駆使した日本の伝統模様110点と、13人の歴史に残る女性をテーマにした「心によせて」です。

「日本刺繍の技法」を駆使した日本の伝統模様110点は、文様帳を参考に1菅(12菅で絹糸1本)使用などの部分もあり繊細な刺繍で表現されていて、見ごたえがありました。

小さな額に仕立ててあり、その一画はモダンな雰囲気の空間が演出されていました。

全体的に丸みのあるデザインでかわいらしい印象を受けました。

弓岡勝美コレクションの中から「日本の刺繍」展

松屋銀座では弓岡勝美コレクションの中から「日本の刺繍」展が開催されていましたが、この日は横浜SOGOで開催されていた「池田重子 横浜スタイル展」にも行っていたので時間がなくて見に行けず残念でした。

素晴らしい作品を見ることで

「どのような繍(ぬい)を美しいと感じるか」

「どのような繍(ぬい)を表現したいのか」

目指す目標がいまいち明確にならず、もやもやしていましたが、少しずつイメージを持てるようになってきました。

同日に池田重子展、大久保信子トークショーにも行ってきました。

引き継がれる美意識 池田重子 横浜スタイル展 昔きもの~現代KIMONO 「アンティークを平成流に着こなす三か条」 大久保...
「池田重子 横浜スタイル展」の期間中に、大久保信子先生のトークショーが開催されていました。 テーマは「アンティークを平成流に着...
スポンサーリンク

フォロー&シェアお待ちしています