新高岡駅徒歩3分 日本食とワインのかわはらは着物が似合うレストラン

スポンサーリンク
「日本食とワインかわはら」の看板

★★★★⋆日本食とワイン「かわはら」(にほんしょくとわいん かわはら)住所:富山県高岡市京田601 TEL:0766-95-3070

 営業時間:18:00~23:00 定休日:不定(ほぼ毎日営業*telでの確認を。)

価格帯:¥5,000~ グラスワイン:\900~、駐車場:8台、店内席数:全24席(完全個室8席含む)

 

2019年3月に北陸新幹線の新高岡駅近くにオープンした「日本食とワインのかわはら」ですが、ワイン好きに人気があるお店として評判です。

ワインといえばフランス料理ですが、フレンチのコース料理を食べるほどでもなく、あっさろと軽く済ませたい場合もありますよね。

そんな時、和食と上質なワインが気軽に楽しめるのが、「日本食とワインのかわはら」です。

お肉料理も充実しているので、おすすめのお店です。

日本食とワインのかわはら 店内の様子

「日本食とワインかわはら」の看板

和モダンなお店の看板です。

店内にワインがディスプレイされている様子が見えます。

ワイン好きの方には、興味がそそられる店内になっています。

「日本食とワインかわはら」店内の様子

テーブル席は4人掛けテーブルが2組準備されています。

テーブル席、カウンター、個室と満席になって賑わっていました。

マスターが1人で捌いているのも素晴らしいです。

「日本食とワインかわはら」のワインセラー

ワインセラーには、フランスから仕入れた上質なワインが多数取り揃えられています。

ボトルで注文される場合は、こちらの中から好みのワインを自由に選ぶことが出来ます。

「日本食とワインかわはら」グラスワインのメニュー

私はグラスワインをおねがいしました。

赤ワイン白ワインが各5種類ずつ、口当たりの異なるものが順に並べられています。

簡単な説明をうけて、しっかり目の赤ワインを選びました。

以前着た時は女性のソムリエの方がいたのですが、今回はいなかったようで残念です。

かわはらでの初めての食事

ワインは好きなのですがあまりよくわからないので、ワイン講習をしていただけたら嬉しいですね。

「日本食とワインにかわはら」の食事

「日本食とワインかわはら」のお品書き

マスターの手描きのメニューです。

毎月、季節の素材によりメニューが変化しているのが、食事の楽しみです。

12月のメニューには、クジラのお造りがありました。

フグやアンコウのから揚げも美味しそうだし、体が温まりそうなふろふき大根や里芋のあんかけもあります。

大好きな白子のポン酢和えは、冬の定番メニューですね。

前回は梨とイチジクの白和えが、12月はリンゴとマスカットの白和えになっていました。

このフルーツの白和えは、食後のデザートにもおすすめのメニューです。

「日本食とワインかわはら」カウンターテーブル

カウンターテーブルは花梨の1枚板が使われています。

厚みが9㎝もある立派な花梨でかなりの大きさです。

「日本食とワインかわはら」テーブルセッティング

漆と箔のテーブルセッティングです。

「日本食とワインのかわはら」では、食器にもこだわりがあり素敵な器も楽しみの1つです。

「日本食とワインかわはら」お造り4種盛り

今回のお造りは、アオリイカ、ヒラマサ、しめ鯖、赤鯛です。

クジラをお願いするのを忘れていました~。

メニューをチェックして珍しい素材や好みのものがあったら、忘れずに伝えないといけませんね。

「日本食とワインかわはら」海藻サラダ

海藻サラダも盛りが良いです。

他にも、ホタテのサラダや生ハムのサラダがあるのですが、メインの素材がたっぷりと使われているのが、特徴的なサラダです。

サラダだけど、満足する1品です。

「日本食とワインかわはら」フグのから揚げ

フグのから揚げは、外はカリッと身はふっくらとしていて美味しかったです。

やはり季節の素材を食べると、気持ちが豊かになりますね。

「日本食とワインかわはら」和牛かいのみ、鴨肉

お肉料理も充実しています。

今回は、和牛かいのみと合鴨をお願いしました。

どちらも美味しかったですが、またオーダーするとしたら和牛のかいのみを選びます。

赤みのやわらかいお肉をほんの少しの岩塩でいただくと、肉自体の味を感じられてとてもジューシーで美味しかったです。

「日本食とワインかわはら」里芋の蟹あんかけ

里芋の蟹あんかけもこの季節体が温まり、心もほっこりとする1品です。

素揚げしてある里芋が食べ応えのあり、出汁の効いたあんかけによく合いました。

「今度、この料理を作ってほしい」とリクエストされるほどの美味しさです。

「日本食とワインかわはら」テールスープ

テールスープも、凝縮された重厚な出汁が出ていました。

「日本食とワインかわはら」鯖棒寿しを作っている様子

前回、大好物の1品になった「〆鯖棒寿司」です。

この「〆鯖棒寿司」を食べたくて「かわはら」に来ているといってもいいかもしない、お気に入りのメニューです。

目の前で作りたての「〆鯖棒寿司」を食べることが出来ます。

カウンターにいるお客は、この作っている様子を見ると、注文せずにはいられないと思います。

「日本食とワインかわはら」鯖棒寿し

美味しそうでしょう~。

包丁の入れ方が特徴的で、口の中に入れて食べていると、〆鯖の身の厚みを感じ何度も感じることが出来ます。

シャリの中には刻んだシソが入っていて、良い香りがします。

「日本食とワインかわはら」鯖棒寿しのアップ図

シャリは、大き目のおにぎりの量くらいでしょうか。

ふっくらとした鯖寿司なので、軽く食べてしまいます。

出来れば予約がおすすめ

今回は2度目のお食事でしたが、数日前に1度満席ということで残念な経緯があります。

繁盛期のお食事には、人気のお店は予約をおすすめします。

「日本食とワインのかわはら」での個人的な一押しメニューは、「〆鯖棒寿司」です。

毎回注文すること間違いなしの1品です。

是非、1度、いやいや何度でも食してみてくださいね。

日本食とワイン「かわはら」のお店情報

にほんしょくとわいん「かわはら」

・住所:富山県高岡市京田601

・TEL:0766-95-3070

・営業時間:18:00~23:00

・定休日:不定(ほぼ毎日営業*telでの確認を。)

・駐車場:8台

・店内席数:24席(完全個室8席含む)

 

この記事を読んだ方は、次にこちらの記事も読まれています。

北陸新幹線新高岡駅北口から徒歩3分 新感覚の日本料理とワインのかわはらで着物デート
★★★★⋆価格帯:¥5,000~ 営業時間:18:00~23:00 定休日:不定、お店のコンセプトが「日本食とワイン」ということで、高岡にはあまりないタイプのお洒落なお店です。神戸とフランス・ブルゴーニュで腕を振るった店主の独創性あふれる料理をお勧めします。
金沢市片町のフレンチ フランス料理Makinoは着物が似合うレストランです
★★★★⋆ランチ¥6,500¥12,000、ディナー15,000円。金沢を代表するフレンチのお店、ミシュラン1つ星「フランス料理Makino」は、銀座「ル・マノアール」フランス「ル・ジャルダン・デ・ランパール」「ル・モンラッシェ」で修行した確かな腕の何度も通っても満足度100%のお勧めの金沢フレンチのお店です。
タイトルとURLをコピーしました