着物選びに悩んだときの解決方法!③似合う色を知る方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本刺繍釜糸の色見本帳

あなたは何色の着物が好きですか?

色彩豊かな美しい着物を見ていると、いろいろな色目に興味がでてきますが、洋服と同様に自分のパーソナルカラー、軸になるカラーを持っていると良いという考え方があります。

コーディネートしやすく、手持ちの物を活用しやすいことが良い点です。

 

日本の伝統色は微妙な色の違いを感じ取ることが、楽しみのひとつです。

お気に入りの色や似合う色に拘って、微妙な色彩の違いを楽しむのも良いですね。

 

まだ読んでいない方は、

着物選びに悩んだときの解決方法!①自分の好きな着物を知る方法

を読んでくださいね。

 

日本刺繍で使っている釜糸の色見本帳・・・綺麗ですね♪

同じ釜糸でも、生地の色によって色の見え方は様々です。

日本刺繍釜糸の色見本帳

着物選びに悩んだときの解決方法!

似合う色を知る方法

着物が好きになると、これまでよりも色彩について興味がわいてくる方は多いと思います。

着物は体全体を覆うので、色の与える影響は大きいと思います。

自分がより素敵に見えるパーソナルカラーを発見出来ると良いですね。

パーソナルカラー診断

無料で試すことができる、パーソナルカラー診断を利用してみたことはありますか?

PCでいくつか試してみたのですが、それぞれで異なったタイプの診断結果になったり、解答がひとつ違っただけでタイプが異なったりと「これだ!」という結果には至りませんでした。

*興味のある人は有料診断を!

 

その中でも興味深いサイトがありました。

forstyle ビジネス・個人向け、ファッションコーディネートサービス

洋服に限らず、服装心理学によるパーソナルスタイリングの考え方は、着物にも取り入れることができそうです。

どう選べばいいのか分からなくなったら、自分を見つめなおす機会ととらえて参考にすると良いかもしれませんね。

着物迷いは自分迷い???

和のパーソナルカラー診断

和のパーソナルカラーをご存知ですか?

数年前から見かけるようになりましたが、着物好きによる着物目線でのパーソナルカラー診断のようです。

 

洋服では似合わない色目でも着物ではそれなりに着こなすことが出来る場合があります。

私の場合は緑色系統です。

洋服では顔色がくすんでしまって全く似合いませんが、着物では意外と勧められることもあり、着物ならではでの楽しめる色目です。

半襟の白によって中和されるようで、半襟の白の効果は大きいようです。

そして、半衿の白も単一ではなく微妙な違いがあるところが、面白いところです。

 

余談になりますが、年齢と共に、お肌が真っ白な半襟を受け止められなくなるということを聞いたことがあります。

半襟の白選びにも拘ると面白そうですね。

 

一般的には着物と洋服でのパーソナルカラーが一致する場合が多いそうなのですが、一致しない場合もあるということです。

 

着物好きが行う和のパーソナルカラー診断では、色・柄・素材以外にも半襟などの細かいところまでアドバイスしてもらえるところもあるようです。

ほめられる着物は何色?

着物を着て会う機会の多い人から、褒められることの多い色目はありますか?

今回は私が着物友達に対して感じたことのある話になります。

 

カラフルで明るい色目の着物が好きな友人でしたが、私は個人的にベージュ系が似合うなと感じていました。

もちろんカラフルな着物も似合うのですが、ベージュ系の色目はとても品よくその友人を引き立てると感じていました。

私の好みもあるかもしれませんが、強く感じたので参考までに伝えました。

 

相手に伝えるということは、それなりに強く感じているからなので、アドバイスされた場合は好みではなくても記憶にとどめておくのが良いかもしれませんね。

写真で客観的に観察する

着物選びに悩んだときの解決方法!②似合う着物を知る方法・後編

にも書いてありますが、写真で客観的に自分を見ることは、とても役に立ちます。

私も実践していますが、着物を着たときは写真を撮ることを習慣にして、自分をよく観察することが大切ですね。

着付けなども確認することができるので、お勧めです。

終わりに

洋服では自分の好きな系統、カラーが決まっている場合が多いと思います。

それが着物に当てはまればいいのですが、そうではない場合もあります。

 

「好みの中から似合うを探す」

自分の好みの軸をもっと感じられるように、着物の勉強をしていきたいと思います。

 

着物選びに悩んだときの解決方法!シリーズはこちらから始まります。

着物選びに悩んだときの解決方法!①自分の好きな着物を知る方法

タイトルとURLをコピーしました