本疋田絞りと疋田絞りの違いは何?褒められ度の高い総疋田絞りの魅力❤

本疋田絞りと疋田絞りの違いは何?褒められ度の高い総疋田絞りの魅力❤

お着物を着て出かけたら、声をかけられたり、褒められたり、普段の洋服では経験しないような、新鮮な体験をします。

お着物を着ているだけでも、このようなことを体験をしますが、‘お着物好きな人‘から、声をかけられたり、褒められたりするお着物があります。

その1つが総疋田絞りのお着物です。

宮平初子さんの首里花織とコーディネートしました。

大好きな総疋田絞りのお着物です。

本疋田絞りと疋田絞りの違いとして、絞りの粒の細かさの違いがありますが、もう少し詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

疋田絞りの見方のポイント

 絞りの種類

疋田とは京鹿の子絞りと呼ばれる技法の1つです。

鹿の背中のまだらに似ているところから、鹿の子絞りと呼ばれ疋田鹿の子絞りとも呼ばれています。

京都の絞りならではの最高の技術と熟練の技が発揮される絞り染めです。

江戸時代には手間暇かかる贅沢品として、奢侈禁止令で使用を禁じられたといわれています。

疋田絞りとは絞り技法の1つで、布目に対して45度の方向に、鹿の子の目を全体にびっしりと隙間無く詰めて染めたものです。

布目に対して45度の方向に引っ張りながらの絞り作業になるので、鹿の子の目の中心は絞りの45度方向、少し上の方向に引っ張られた状態になります。

45度の微妙な目の角度の動きがあります。

 絞った粒の細かさ

2つの総疋田絞りを比べてみました。

疋田絞り?本疋田絞り?さて、どちらでしょうか???

・疋田絞り…通常は綿糸4回巻きます。

木製の絞り台に専用の針を設置して、その針に布地を引っ掛け、生地を折り、綿糸で4回巻きます。

4つ巻絞り針絞りとも呼ばれているそうです。

・本疋田絞り…絹糸で7回巻き、最後の一回を根元でもう一度巻く。合計8回巻いていきます。

道具は自分で作った紙製の指ぬきだそうで、粒を1つつまみ出して巻くそうです。

細かさは反物幅の1尺(37.88㎝)の横1列の中に、何粒絞られているかということで判断します。

1尺に40粒絞られていれば40建て(だて)と呼ばれ、40粒、45粒、60粒と細かくなり、熟練の技が必要となります。

粒の細かさが疋田絞りの価値を左右することになります。

巻く回数が多いほどに鹿の子の目が小さくなり、上質なものになります。

ポイント

・どれだけ粒が小さいか?1尺の中に何粒並んでいるか?

・鹿の子の目の小ささ!

ピンクの絞りは19㎝内(約38㎝の半分と考えて)に24粒でした。

でも???もともとの反物幅が分からないので、はっきりとは分かりません。

雰囲気からいって、疋田絞りかな?

19㎝内(約38㎝の半分と考えて)25.5粒。

こちらも、もともとの反物幅が分からないので、はっきりとは分かりませんが、鹿の子の目が小さく、粒もしっかりと立っています。

本疋田絞りかな?

何建てなのかが気になるところですね。

総本疋田絞りと総疋田絞りを比べてみました。

1.5粒の違いで、こんなに粒の詰まり具合が違ってきます。

左…25.5粒 右…24粒

 粒の揃い具合

もちろん、粒の大きさや、鹿の子の目の大きさ、向きがそろっているのが美しいですよね。

1反絞りあげるのに、1年~3年かかるといわれています。

見ることができるのは40建て、45建てまでで、60建てはまず見ることが出来ないそうです。

最近では、機械絞りや中国などの海外で作られる絞りが増えてきているそうですが、中国でも、総絞りを絞れる人が、ほとんどいなくなってきているそうです。

2018年のきもの初めは、総本疋田絞りのおきものからスタートしました。

そういえば、2017年のきもの収め(↓)は、総疋田絞りのおきものでした。

スポンサーリンク