着物の髪型を自分で簡単に作る方法・ロング~セミロング・過去最高に簡単・短時間・綺麗

着物の髪型を自分で簡単に作る方法・ロング~セミロング・過去最高に「簡単」「短時間」「綺麗」

フォロー&シェアお待ちしています

長すぎる髪の毛は毛先の処理に手間がかかるので、付け毛、ウイッグを使って自分で着物の髪型を作っていましたが、やはり着物の装いに似合う結い上げた髪型が好きです。

ということで、超ロングに伸びた髪の毛を、20cmほどカットしてもらいました。

20cmカットしてさっぱりしたところで、イメージトレーニングをしながら考えていた出来るだけ無駄を省いて簡単に作る結い上げスタイルの髪型にチャレンジしてみました。

ロング以外にもセミロングの長さがあれば出来る髪型です。

思っていた以上に「簡単」「短時間」「綺麗」に作ることが出来たので、ご紹介したいと思います。

カット前

超ゴングの後ろ姿・カット前

カット後

今回は超ロングからロングにカットしてもらいましたが、襟足が上がるくらいのセミロングでも活用できる自分で出来る着物の髪型です。

超ゴングの後ろ姿・カット後
スポンサーリンク

着物の髪型を自分で 驚くほど簡単に作る・ロングの新しい髪型

今回の自分で作る着物の髪型の良いところは、とにかく「簡単」に「短時間」で「綺麗」に作ることが出来ることです。

逆毛をたてたり、あんこ、すき毛を頭に固定してそれらを隠すように地毛を被せることをしなくても仕上がります。

ゆっくり、のんびり取り掛かっても30分で終了してしまいます。

時間がない、気分が乗らないなどの時、それでも結い上げた髪型にしたい時に活用できると思います。

いざという時のために、お勧めの作り方です。

「簡単」「短時間」「綺麗」な 自分で出来る着物の髪型

自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・「簡単」「短時間」「綺麗」に作れる結髪

どうでしょうか?

今までご紹介していた人気の記事

着物の髪型を自分で簡単に作る・定番スタイル集①

着物の髪型を自分で簡単に作る ・スタイル集②

こちらの スタイル集と比べると 、後頭部のボリュームが 少ないので物足りなさや貧弱な感じがするかもしれません。

私の場合、着物を着るときの髪型は、着物に負けないようなボリュームのある結髪スタイルの大き目な髪型が好きなので物足りなさを感じてしまうのですが、コンパクトなまとめ髪にされている方も多いようなので、「大きなヘアアレンジは大袈裟で目立つから小さいまとめ髪の方が好きだわ」という方にお勧めです。

単衣や薄物の着物 に似合う髪型

自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・「簡単」「短時間」「綺麗」に作れる結髪・斜め右側

斜め後ろからの右側のスタイルになります。

頭頂部から後頭部にかけて適度なボリュームがあるので、コンパクトにまとまりながらも、ただひとつにまとめたような貧弱な感じはありません。

後頭部の控え目なボリュームに合わせて、両サイドのボリュームも控え目にして耳出しスタイルになっています。

今回の 「簡単」に「短時間」で「それなりに綺麗」に作ることが出来る髪型は、比較的コンパクトなシルエットの髪型という点が、単衣や薄物の着物のような 軽い印象を与える着物の装いにお勧めのポイントです。

髪型による見え方

「若く」見えるポイント

自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・「簡単」「短時間」「綺麗」に作れる結髪・左側

加えて、嬉しい「おまけ」として 「簡単」に「短時間」で「綺麗」に作ることが出来るこの髪型は、 今までご紹介していた髪型と比べると若い印象を与えることができます。

着物の装いの時は洋服の時よりも落ち着いて見える傾向があると思いますが、けして無理をして若作りをしている印象ではありませんよ。

ポイントは、顎と耳の延長線上に一番高さをもってくることです。

「落ち着いて」見えるポイント

「若く見えるポイント」の話になったので比較として「落ち着いて見えるポイント」です。

老けた印象を与えずに落ち着いた印象にするには、頭頂部や両サイドのボリュームをもたせることがポイントになります。

顎と耳の延長線上を基準としてボリュームが下方向に移動すると落ち着いた印象になります。

今までご紹介してきた髪型で私がいちばん好きな定番スタイルです。

着物の髪型を自分で簡単に作る ・定番スタイル集①

「老けて」見えるポイント

落ち着いて見えるのは良いですが、老けて見えるのは・・・避けたいものです。

最も老けて見えるのは、襟足近くの低い位置での「ひっつめお団子スタイル」です。

確かに誰でも簡単にまとめることが出来るのですが、着物の装いには物足りなさを感じる髪型です。

1分のひと手間として、頭頂部の部分の髪を引き出してボリュームを出すだけでもかなり印象が変わると思います。

着物の髪型を自分で「簡単」「短時間」「綺麗」に作る方法

髪型を作る時に使った道具

自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・「簡単」「短時間」「綺麗」に作れる結髪に使用した材料

ヘアゴム2個、Uピン大3本、Uピン小2本、毛束小2個、毛束極小2個

これだけで、着物の髪型が作れてしまいます。

今まで何度も着物の髪型を自分で作っていましたが、アメピンを使わなかったのは初めてです。

加えて、 特Uピンの少なさは通常の作り方と比べるとかなり少ない本数しか使っていません。

使うピンの本数が少ないということは、それだけ時間がかからないということです。

あんこ、すき毛も少ないです。

着物の髪型を作る手順

自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・「簡単」「短時間」「綺麗」に作れる結髪・斜め左側

2ブロックに分ける

顎と耳の延長線上 がちょうど髪がわかれている線が入っているのがわかりますか?

こちらの斜め後ろ左側から見ると、顎と耳の延長線上の部分のボリュームを出しているのが分かります。

この部分で2ブロックに分けて作っています。

下のブロックのまとめ方

自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・「簡単」「短時間」「綺麗」に作れる結髪に使用した材料

・2つに分けた下のブロックを顎と耳の延長線上でゴムを使って1つにまとめます。

ゴムを、縛った根元から少し引きだし緩めます。

・ 縛ってまとめた毛先で ②のすき毛を巻いて丸めていきます。

・すき毛に丸めた毛先を緩めたゴムの内側の部分(地肌側)に押し込んでいきます。

・しっかり固定させたい場合は根元をUピンを使って固定します。

・スプレーで髪の表面を整えます。

上のブロックのまとめ方

・①のすき毛を頭頂部にのせます。

・のせた状態で残りの髪の毛を、顎と耳の延長線上でゴムでまとめます。

・頭頂部の部分を引き出してボリュームを出します。

・両サイドの部分も少し緩めて③のすき毛を入れ込みます。

・残った毛先を使ってゴムを隠すようにクルクルとまとめてUピンで固定してとめます。

・頭頂部、両サイドをスプレーで整えます。

終りに

文章だけでは分かりにくいですよね。

今回はあまりにも簡単に自分で出来る髪型だったので、取り急ぎご紹介しましたが、写真を使っての説明を出来ればと思っています。

ちなみに、2019年の1回目の自分で作った着物の髪型はこんな感じでした。

着物の髪型を自分で簡単に作る ・定番スタイル・2019①

久しぶりにおきものを着て、久しぶりに定番スタイルに結い上げてお出掛けしました。 自分で出来る和髪・着物簡単セルフヘアアレンジ・定番スタイル...
スポンサーリンク

フォロー&シェアお待ちしています