伊賀組紐「藤岡組紐店」の帯締め・失敗しない帯締め選び

伊賀組紐「藤岡組紐店」の帯締め・失敗しない帯締め選び

フォロー&シェアお待ちしています

「きものサロン」では伊賀組紐の「藤岡組紐店」の帯締めを使用したコーディネートを見ることができます。

「藤岡組紐店」の帯締めは椎名林檎さんや夏木マリさんが使用されていることで、ご存知の方も多いと思います。

私も「藤岡組紐店」の帯締めが大好きで愛用していますが、使い心地抜群の手持ちの「藤岡組紐店」の帯締めを見てみたいと思います。

「3分紐」3本、「ぽちゃっと」「東雲」

伊賀組紐「藤岡組紐店」の帯締め・3分紐3本、ぽちゃっと・東雲の写真

スポンサーリンク

帯締めの歴史

有職組紐「道明」の帯締め・失敗しない帯締め選び

をご覧ください。

失敗しない帯締め選び・伊賀組紐「藤岡組紐店」

3分紐

黄色×極薄い水色

初めて購入したのが、3分紐の黄色と極薄い水色のものになります。

初めてなのに好みの色目でお誂えしました。

黄色の部分には金糸、極薄い水色の部分には銀糸が織り込まれていて、キラキラと反射してとても綺麗な帯締めです。

どのお着物にもあわせやすく、澄んだ黄色の色目が装いに華やかさを添えてくれます。

大活躍で購入時はこの3分紐ばかり使っていました。

青色×桃色

2本目もまた3分紐で好みの色目でお誂えしました。

夏に3分紐を使うことが多いので、鮮やかな青色と当時お気に入りだった桃色でお願いしました。

裏面の桃色が意外に主張しているので、コーディネートするには難しい色の組み合わせになってしまいました。

今だったら桃色ではなく、若草色系と組み合わせると思います。

こちらは、黄色×極薄い水色のものよりも、控え目に両面に金糸が織り込まれています。

菫色×灰がかった薄い水色・3分市松

こちらの3分市松は伝統工芸士の藤岡恵子さんの作品になります。

落ち着きがある色目と市松のモダンなデザインがお気に入りです。

帯留との組み合わせも楽しめるのでコーディネートのしがいのある3分紐だと思います。

灰がかった薄い水色の面にのみ金糸が織り込まれています。

ぽちゃっと

ネーミングがかわいい「ぽちゃっと」です。

表面が藤色×裏面がベージュに金糸が織り込まれています。

水面に一滴の雫が落ちる景色が描かれているかのようで、デザインもかわいい帯締めになります。

「藤岡組紐店」の高麗組は暑さ幅ともにしっかりとしているので、使い心地がとても良いです。

東雲

「東雲」

伊賀組紐「藤岡組紐店」の帯締め「東雲」 

久しぶりに金沢香林坊での職人の技展に出店されたので、そのときに是非購入したいと思っていた帯締めが「東雲」です。

「藤岡組紐店」の高麗組は抜群に締め心地が良いのですが、東雲(写真いちばん下の水色ベースの暈しの帯締め)はその中でも「玉」を68個使用して組んであります。

「帯に吸い付くような使い心地」といわれている帯締めです。

色目は水色ベースに藍・紫・ぴんく・白と多色使いの暈しになっています。

金糸銀糸ではなく、キラキラと光る特殊な糸が使われていて、とても綺麗な帯締めです。

キラキラの特殊な糸は裏表でそれぞれ使い分けてあるので、分量をかえて変化を楽しむことが出来ます。

「東雲」の帯に吸い付くような使い心地を味わうのが楽しみです。

「藤岡組紐店」の帯締めの特徴

「玉」がいくつも並んでいます。

伊賀組紐「藤岡組紐店」の綾竹台の写真

幅、暑さ、密度がしっかりとしていて、なおかつしなやかで締め心地の良さが抜群に良いのが「藤岡組紐店」の帯締めのお気に入りポイントです。

手持ちのものが高麗組の帯締めなのですが、「東雲」は特に重厚感があって品が良いので格のあるお着物に最適です。

金糸銀糸使いではないので、おしゃれ着にも使えるのが嬉しいポイントです。

特殊なキラキラ糸(糸の名前は失念)は何色にも輝く玉虫色のようで本当に綺麗です。

どの帯締めも表裏の色目が違うので、1本で2役!コーディネートの幅も広がります。

3分紐は長尺でのお誂え2本使いで帯留なしで使ったりと、工夫次第でいろいろと楽しめるところがよいですね。

画竜点睛!見た目の美しさも大切ですが、帯締めにおいては使い心地の良さが、いちばん気になるところです。

全国の百貨店の催しに出展されています。

北陸では百貨店での出店は少なくなってきましたが、年に数回?ひがし茶屋街で出店されています。

伊賀組紐「藤岡組紐店」

こちらも、あわせてご覧ください!

有職組紐「道明」の帯締め・失敗しない帯締め選び

上野にある有職組紐「道明」といえば、帯締めを思い浮かべる方が多いと思います。 道明の帯締めを使用したコーディネートを「美しいキ...