日本の織物の産地

日本の織物の産地 日本地図

日本の絹織物や麻織物、重要無形文化財の織物、伝統工芸織物などの織の産地の着物の特徴をご紹介します。

織物の産地

織物の種類 産地の歴史や特徴 証紙の見分け方 洗濯お手入れ方法について

着物や帯には、大きく分けて染めと織りがあります。現在も、日本全国で産地の特徴を活かした、沢山の種類の織りの着物や帯が作られています。日本の重要無形文化財、ユネスコの無形文化遺産、伝統的工芸品の織物を中心に、産地や作家物の着物や帯の歴史や特徴をご紹介します。
織物の産地

大島紬とは 値段の違いの見分け  証紙の種類マルキ絣から分かる本物と偽物の特徴

人気の大島紬の着物の値段、気になりますよね。着物の証紙の知識があると、着物の値段の基準が分かり着物の見方や選び方にとても役立ちます。知名度の高い大島紬ですが、証紙の種類の見方やマルキ、絣の種類など、意外と知られていないことも多いようです。今回は私自身、驚くような大島紬の証紙の見方の発見があり勉強になりました。
織物の産地

白山紬の歴史や特徴 牛首紬との違いは何?

白山紬はご存知ですか?3大紬の1つである牛首紬は有名ですが、白山紬に関しては、「名前は聞いたことがありけれど、どんな着物なのかあまり知らない」という意見が一般的かもしれません。今回は白山紬はどのような織物なのか、牛首紬との比較なども含めてまとめてみました。
織物の産地

黄八丈とは 八丈島の本場黄八丈めゆ工房で使われている糸の特徴や染めや織りなど

黄八丈の歴史や八丈島の名前の由来、染め、価格.値段などまとめてみました。また黄八丈といえば山下家の黄八丈の糸や染、織が有名で、山下家の黄八丈ならではの織物です。「黄八丈めゆ工房」の黄八丈は、山下めゆを始めとし、八百子さん、芙美子さんの作る黄八丈は別格といわれています。
織物の産地

結城紬とは 歴史や特徴 証紙の見分け方 本物と偽物や地機と高機の見分け方

重要無形文化財に指定された本場結城紬ですが、着心地の良さ、人気の高さから、市場には偽物も多く出回っているようです。結城紬の本物と偽物を見分ける一番確実で簡単な方法として、本物の本場結城紬の証紙を知っていることが重要です。本物の証紙を知り、自分で見分けることができる目利きになりましょう。
織物の産地

築城則子の小倉織 世界に広がる小倉縞を知っていますか?

日本工芸会正会員である築城則子の小倉縞(小倉織)は、日本伝統工芸展で拝見できます。小倉縞(小倉織)の帯は、木綿糸とは思えない糸の細さやしなやかさ、光沢感が印象的で、経糸による縞のグラデーションが美しい作品が一際目を引きます。いつも溜息交じりで作品を拝見していますが、大好きな築城則子の小倉縞(小倉織)について勉強してみたいと思います。
織物の産地

牛首紬の着物や帯を1番お得にさらにお得に安く低価格で購入する方法!

日本三大紬(結城紬・大島紬・牛首紬)のひとつ、牛首紬は石川県指定無形文化財や経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されており、日本一高級な白生地としても有名です。今回は、そんな牛首紬の着物や帯を「1番お得」「さらにお得」に「低価格」で購入する方法を、ご紹介したいと思います。
織物の産地

牛首紬とは 牛首紬の着物や帯の特徴や白山紬との違い 先染めの牛首紬について

石川県白山市白峰で作られている牛首紬ですが、現在は白山工房と加藤改石の2つの工房でのみ生産されています。今回は角印でおなじみの白山工房の白山開山1300年祭記念での展示会で、牛首紬についてお話を聞いてきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました