東京

浴衣

長板中形の浴衣とは 松原家 重要無形文化財の藍染型染の特徴 白藍染の美

ゆかたといえば、伝統的な藍一色で染める長板中形が有名です。熟練の技が必要とされている長板中形は、松原定吉、清水幸太郎が重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されました。長板中形の歴史や特徴、染め方をご紹介します。江戸時代には一般的であった長板中形は現代では、とても貴重な浴衣になり着物風に着ても素敵です。
お出かけスポット

正倉院宝物展に行ってきた 東京国立博物館の混雑状況 待ち時間は 裏ワザ情報

10月20日(日)に急遽正倉院展へ行くことになりました。チケットも当日の購入になりましたが、思いのほか混雑せずに済んだ当日のチケット購入状況や待ち時間、混雑状況をお伝えします。結果的に裏ワザとなった待ち時間ゼロの方法もご紹介しています。
織物の産地

黄八丈とは 八丈島の本場黄八丈めゆ工房で使われている糸の特徴や染めや織りなど

黄八丈の歴史や八丈島の名前の由来、染め、価格.値段などまとめてみました。また黄八丈といえば山下家の黄八丈の糸や染、織が有名で、山下家の黄八丈ならではの織物です。「黄八丈めゆ工房」の黄八丈は、山下めゆを始めとし、八百子さん、芙美子さんの作る黄八丈は別格といわれています。
お出かけスポット

第95回「東をどり」

新橋演舞場で開催の「東をどり」を観に行ってきました。 「祗園をどり」や「金沢をどり」には何度か行ったことがありますが、「東をどり」は今回が初めてです。 チケットを2枚いただいたのでお友達を誘って、お友達と共に初「東をどり」です。…
お出かけスポット

「国展」作品いろいろ・おおらかな雰囲気の国画会の展示会

初めての「国展」鑑賞でした。 ゴールデンウイーク期間に開催されている「国展」ですが、親切な友人のおかげで今年は忘れることなく観に行くことが出来ました。 写真撮影OKなど、作風同様におおらかさを感じることが出来た「国展」をご紹介し…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました