正倉院展に行ってきた 東京国立博物館での待ち時間は 裏ワザ情報

スポンサーリンク
正倉院の世界・東京国立博物館

天皇陛下の即位を記念して、正倉院宝物を中心とした飛鳥奈良時代の国際色豊かな造形文化を中心とした特別展が、奈良と東京の2会場で開催されています。

皇室が守り伝えたかけがえのない日本の美、今後も受け継がれゆく悠久の美を拝見することができます。

正倉院宝物と法隆寺献納宝物という日本を代表する文化財が一堂に会し、、日本文化を世界に発信する貴重な展覧会ということで、東京国立博物館に正倉院の世界展を観に行ってきました。

 

10月19日(土)曜日に急遽翌日の20日(日)に正倉院展へ行くことになりました。

チケットも当日の購入になりましたが、思いのほか混雑せずに済んだ当日のチケット購入状況や待ち時間、混雑状況をお伝えします。

螺鈿紫檀院咸

東京国立博物館へのアクセス

会場:東京国立博物館 平成館(上野公園)

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

東京国立博物館へのアクセス・地図・駐車場情報

東京国立博物館

*東京国立博物館には駐車場がありません。

正倉院展の開催期間

開催期間:2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日)

前期展示:10月14日(月・祝)~11月4日(月・休)

後期展示:11月6日(水)~11月24日(日)

休館日:月曜日、11月5日(火)(

*ただし10月14日(月・祝)と11月4日(月・休)は開館)

 

開館時間:9:30~17:00

(金・土曜日、11月3日(日・祝)、11月4日(月・休)は21:00まで)

*最終入館は閉館の30分前まで

正倉院の世界展(東京)でのチケット購入

10月19日(土)曜日に急遽翌日の20日(日)に正倉院展へ行くことになり、せめてチケットだけでも購入しておこうと思ったものの、上手くいかず当日会場での購入になりました。

チケット購入にも時間がかかることを想定して行きましたが、意外なことに全く待ち時間なく到着と同時にチケットを購入することが出来ました。

購入時に、「現在の待ち時間が40分です。」と告げられました。

 

スマホでのチケット購入をした場合は、会場内でスマホ画面を見せることになります。

事前のスマホでのチケット購入の場合、会場のチケット売り場の混雑状況の心配をしなくてもよいので、お勧めの方法です。

正倉院の世界展(東京)での入場までの待ち時間

チケット購入時に、「現在の待ち時間が40分です」と告げられました。

奈良での正倉院展は2時間以上の待ち時間という混雑状況なので、意外と早く入れそうでした。

 

最後尾に順に並びます。

4列になって並ぶのですが、案外スムーズに進んで行く感じでした。

そして、20分も経たないうちに入口に到着。

列に並びながら友人を待っていたのですが、友人が来る前に入館となってしまいました。

係員の方にその旨を伝えて、友人にも列には並ばずすぐに入口に来るよう連絡し、会場内の入り口付近で友人を待っていました。

待ち時間ゼロの裏技

意図してそうなったのではありませんが、思った以上に会場に早く入れたことから、結果として友人は待ち時間ゼロ、無しで会場に入ることが出来ました。

混雑時や待ち時間が長い場合は、後から来た友人が全く並ばずに入館させてもらえるかはわかりませんが、今回は良い結果になりました。

展示会場内の混雑状況

螺鈿紫檀五絃琵琶

会場内も同様に予想よりも混雑しておらず、ゆっくりと観ることが出来ました。

螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)もじっくり鑑賞してきました。

正面の装飾もそうですが、側面にまで手の込んだ装飾が施されていて見応えがありました。

正倉院の建物のレプリカ

正倉院の建物のレプリカもあります。

終りに

奈良の正倉院展を想像して、どんなに混雑しているのかを思うと行くのをためらいそうになりますが、東京国立博物館では以外にも快適に鑑賞することが出来ました。

開催期間が前期後期に分かれていますが、終日間際には今回の紹介した状況よりも悪くなると思われるので、早めにゆっくり快適に鑑賞されることをお勧めします。

 

この記事を読んだ方は、次にこちらの記事も読まれています。

富山県立美術館・日本の美・美術×デザイン「琳派、浮世絵版画から現代へ」
富山県立美術館で開催中「琳派や浮世絵版画から現代へ」での撮影可能な現代絵画をご紹介します。富山県立美術館は「アートとデザインをつなぐ」とコンセプトとした世界で初めての美術館で、世界的コレクションを新しい切り口やテーマ、見せ方で紹介しています。
現代の着物を品よく素敵に着こなす為の着物の着こなしや装いのヒント
あなたは着物の着こなしに自信がありますか?私も着物愛好家の1人ですが、出来る限り着物を素敵に着こなしたいと思っています。今回はきものスタイリストの大久保信子さんのトークショーに学ぶ、着物の装いや着こなしについてまとめました。着物の着こなしや装いは何時の時代も共通することが多く、とても参考になりました。
日本の伝統色の紫色染料の紫根や紫根染とは 紫色は最も高貴な色!
日本の伝統色の中で高貴な色としてまずあがる色が紫色です。 603年に聖徳太子が定めた「冠位十二階」では、身分階級を色で管理していました。 「紫、青、赤、黄色、白、黒」の6つの色の濃淡で12色に分けられていて、この「冠位十二階」の…
タイトルとURLをコピーしました