重要無形文化財

織物の産地

越後上布とは 小千谷縮との違いや着物や帯の 歴史 特徴 証紙 お手入れ方法など

上布・中布・下布とある中で一番上等な布であるのが上布です。 麻織物の最高峰として知られ、国の重要無形文化財に指定されているのが「越後上布」です。 北の「越後上布」に、南の「宮古上布」とも言われています。 今回は薄手で繊細な…
織物の産地

芭蕉布の着物や帯とは 特徴 見分け方 着用の季節 値段 お手入れ方法など

芭蕉布といえば、重要無形文化財保持者(人間国宝)の平良敏子さんの喜如嘉の芭蕉布が有名ですが、上布とは違った独特の質感が魅力的な芭蕉布です。芭蕉布の着物や帯の特徴や見分け方、着用の季節、価格、お手入れ方法など、自分で行ったお手入れでの失敗などもご紹介しています。
織物の産地

宮古上布の着物や帯の歴史 特徴 証紙 見分け方 お手入れ方法など

三大上布といえば「宮古上布」「越後上布」「近江上布」です。その中でも沖縄県宮古島生産の重要無形文化財指定の宮古上布は、夏の最高品質の上布です。一番上等な布の意味を持つ上布ですが、その歴史や特徴、証紙、見分け方、お手入れ方法などをまとめてみました。
織物の産地

宮古上布と越後上布の苧麻 糸作り 糸績みの違い

上布というと、細い苧麻の繊維で織り上げた麻織物を意味します。かつて琉球王朝時代の織物の品質を、上布(じょうふ)、中布(ちゅうふ)、下布(かふ)と呼んでいました。今回は宮古上布と越後上布の材料となる苧麻・糸作り・糸績(う)みの違いについてまとめてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました