「師は3年かかっても探せ」大人の習い事・自分にあった教室探し

「師は3年かかっても探せ」大人の習い事・自分にあった教室探し

「師は3年かかっても探せ」

たとえ長い年月をかけても、良い師を探すことは重要なことである。

それだけ誰に師事するかということが重要だということです。

この言葉は武道の世界で使われているようですが、武道に限らず「〇〇道」と言われる世界に共通する考え方だと思います。

「繍道」「装道」「茶道」「香道」「書道」・・・和に関するこれらの習い事にももちろん共通していると思います。

98cz03nfr6jhxup1474027990_1474028033

教室に通ってみたけど・・・やっぱり、しっくりとこない・・・

自分にあった教室とは何か、大人の習い事での自分にあった教室の探し方を考えてみました。

スポンサーリンク

大人の習い事・自分にあった教室探し

では、私の考えている良い教室・良い先生の条件とは何かというと

・先生の人間性・技術

・通いやすい場所

・良心的な料金システム

でしょうか?

先生の人間性・技術

先生の人間性、先生との相性は最重要ポイントです。

教えていただく立場ですが、やはり人間対人間です。

先生のことを尊敬する気持ちがないと習おうという意欲が湧いてきません。

長く続けたいと思いません。

1回の見学でどのような先生なのか判断することは難しいですが、自分が好意的に感じることができる人か、自分の感性が頼りです。

教えることが好きな先生も素敵ですね。

どんなに技術が高くてもお金儲け主義の先生はその技術を教えることが疎かになるような気がします。

教えることが好きな先生かどうかは見学に行くと分かるので、なるべく見学するようにしています。

通いやすい場所

近くて通いやすいのが一番ですが、魅力的な先生の教室には出来ることなら遠くても通いたいですね。

自分が出来る通える範囲でということになります。

熱意があれば、遠くても通えるのだと思いますが・・・

良心的な料金システム

習い事にはそれぞれ平均的な目安があると思いますが、その教室によって付加価値もあると思うので自分が納得のいく教室ということになります。

教室内の人間関係

どのような人がその教室に通っているのかも、気になる点です。

どの環境においても、人間関係が気になるものですが、目的に応じて取り組むのが良いと思っています。

楽しむために習い事をしたいのか、何かを身に付けるために通っているのか・・・

楽しむために習い事をしたい場合は、人間関係が大きく影響するので難しいですね。

難しいというか、面倒というか・・・

人間関係は永遠の課題です。

出来れば、何かを目標として大人の習い事をしたいと思っています。

終わりに

おきもの関係に限らずいろいろな習い事がありますが、その世界に入ってみると意外と小さな狭い世界だと感じています。

以前習い事で信じられないような酷い経験をしたことがあります。

その時父に「師は3年かかっても探せ」という言葉を教えてもらいました。

あまり深く考えずに「近くにあって通いやすいから」「調べるのが面倒だから」「誘われたから」と安易に決めてしまって、後から「習い事自体は好きだけど、先生との相性が・・・」なんて事のないようにしたいと思っています。

また、習いたいけどどうしても条件にあった教室が見つからないということもあります。

そんな時は無理をせず、今はその時期ではないのだと受け止めるのも良いかもしれません。

奈良宗久先生の「道の世界」については、こちらをご覧ください。

奈良宗久先生に学ぶ「伝統工芸」「おもてなしの心」とは?

スポンサーリンク