芭蕉布の着物や帯の特徴や見分け方!琉球染織紀行展での平良敏子さんの喜如嘉の芭蕉布作品展

芭蕉布の着物や帯の特徴や見分け方!琉球染織紀行展での平良敏子さんの喜如嘉の芭蕉布作品展

芭蕉布といえば、重要無形文化財保持者(人間国宝)の平良敏子さんの喜如嘉の芭蕉布が有名ですが、上布とは違った独特の質感が魅力的な芭蕉布です。

苧績み・うーうみ(糸績み)した節が、本物の芭蕉布の証です。

芭蕉布の着物や帯の質感は独特なので、一度触ったらその違いがすぐに分かると思います。

初めて芭蕉布の着物を手にしたときに感じた、ひんやりとした感覚が今でも思い出されます。

今回は、琉球染織紀行展でお勉強させていただいた「芭蕉布」の着物や帯ことについて、振り返ってみたいと思います。

琉球染織紀行展に行ってから、ソワソワ感が抑えられず、春、初夏を通り越して既に頭の中は夏の薄物着物のことでいっぱいです。

芭蕉布の無地の着尺のアップ・糸積みの部分

スポンサーリンク

芭蕉布とは

・沖縄本島北部の大宜味村喜如嘉が有名「喜如嘉の芭蕉布」

・糸芭蕉の繊維から作った糸で織った布

・沖縄の中で最古の織物

・「喜如嘉の芭蕉布保存会」が国の重要無形文化財に指定された

・戦後、壊滅状態だった芭蕉布を平良敏子さんが復興させたことで重要無形文化財保持者に

芭蕉布の糸の作り方

・バショウ科の植物

・糸芭蕉・・・実がなるが食用には適さない(美味しくない)

(実芭蕉・・・食用のバナナ、花芭蕉・・・観賞用)

・沖縄北部の芭蕉布は「ヤンバルバサー」と呼ばれている

・芯止めをして3年かけて幹を太らせる

・葉が巻いて層になったものが幹になる

・幹の外から4種類にわけて糸をとる

・外から「ウァーハー・・・テーブルセンターや座布団」「ハナウー・・・帯地」

「ハナグー・・・着物地」「キャギ・・・芯は食べる(変色するそうです)」

・苧績み・うーうみ(糸績み)は80~90歳の女性の仕事

・高齢化により、苧績み・うーうみ(糸績み)を出来る人がいなくなってきている

・繊維が絡まないように玉状(チング)にして水に浸して苧績み・うーうみ(糸績み)をする

・口に加えて幹を割いたり苧績み・うーうみ(糸績み)をするので、無農薬で糸芭蕉を育てる

・1本が約80cmの繊維を苧績み・うーうみ(糸績み)する

・乾燥に弱い

芭蕉布の着物

・1着尺には1kgの糸が必要

・約80cmの繊維を苧績み・うーうみ(糸績み)した、1本が約5gの糸が200本以上必要

・苧績み・うーうみ(糸績み)前のチングが3万5千個~4万個必要

・縞や絣などのイメージですが、無地の芭蕉布着物は貴重なのだそうです。

煮綛芭蕉布(にーがしーばしょうふ)

・綛にしたものを染めてから煮て色止めする

・通常の芭蕉布の糸染めは浸染のみ

・質の良い糸しか煮ることができない(熱により劣化する)

・熱に耐えることができる良質の芭蕉糸のみが、煮綛芭蕉布に使われている

・王族が使用していた貴重な芭蕉布

・現在では、工芸展出品作品用に制作されているそうです。

ムカデ模様

喜如嘉の芭蕉布のムカデ模様のアップ

・ムカデ模様に使われている糸は、通常の糸の2分の1の細さの糸を撚った糸である

・ムカデ模様といわれる縞には「足繁く通ってほしい」という願いが込められている

喜如嘉の芭蕉布の裏話

「芭蕉布の着物」の部分でもいいましたが、無地の芭蕉布着物は貴重なのだそうです。

芭蕉布の糸の色目は薄いものから濃いめのものと様々あるのですが、その糸の色目を揃える、同じ色目に糸を集めるのが大変といわれています。

また、無地の場合は織むらが目立ちやすいため、織の工程でも気を使うのだそうです。

そして、もう一つの裏話ですが・・・

無地着物や帯地には、無地のままでの利用ではなく紅型などの染めを施すことがありますが、そうすると無地生地を制作した作り手の名は、表に出てこないということになります。

大変な労力で作り上げたのに、完全に裏方になるのは悲しすぎますね。

終わりに

幹を糸にして織り上げている芭蕉布は、体との添いが悪く着付けしにくいといわれています。

体との添いが悪いということは、空気が通り涼しいということなのですが、着れば着るほどに芭蕉の繊維が軟らかくなって、しなやかになってくるそうです。

上布同様に乾燥に弱い芭蕉布は、雨に強いので梅雨の季節にも活躍してくれそうですね!

琉球染織紀行展での宮古上布については、こちらをご覧ください!

宮古上布とは?書籍では分からない宮古上布の歴史・素材・特徴

スポンサーリンク